●鉄全般
●特殊鋼
(SKH51、SKD、SKS、HPM38、NAK材、ベリリューム銅、粉末ハイス等)
●ステンレス全般
●アルミ
●樹脂
●銅
●真鍮
●超硬
加工できる材質は何でも加工いたします。

■精密金型部品
(エジェクターピン・コアピン・センターピン・パンチ・ダイ・入子)
■精密微細部品
■精密機械部品
■その他精密部品等)

各種研削加工との複合により1000分の1単位の超精密加工を実現

ミクロン単位の公差外も許されない金型部品や機械部品の製造は、正確な直角度・平面度を出すための高水準の職人技術と設備の融合・さらに徹底した品質管理が備わってこそ可能になります。
現在までの実績に基づき、あらゆるお客様のニーズにお応えし、他社に負けない高精度の製品を短期間・高品質で製作することを実現します。

ミクロン単位の精度の理由はプロファイル研削、平面・円筒研削

当社が高精度の製品を加工できる理由は、各種研削加工にあります。研削加工設備と長年の研削加工技術で精度の限界に挑戦しています。

焼入れ材を1/1000精度で加工

金型部品を多く手がけてきた当社は、焼入れ材などの硬い材質も1/1000単位での高精度加工が可能です。

● 射出成形金型部品 外径公差±2/1000

材質 SKH51
寸法精度指示 ±2/1000
ロット数 4個
備考 以前からお取引して頂いている金型メーカー様より、『カヅミーならこれくらいできるでしょ』とご注文頂き、即加工。
高精度要求の加工部が4mm・4mm、全長も12mm程度でローラーの上に製品が乗らない。通常の機械では加工できないため、治具の改良を行った。
加工手順は「旋盤」⇒「熱処理」⇒「円筒研磨」となるが、加工手順内の工夫をする事で加工できた。

プロファイル研削

円筒装置による円筒プロファイル加工を得意としています。
多様な形状の研削加工に対応しており、コーナーRを最小R0.05で加工できます。

平面研削

寸法・平面度・平行度・直角度、全て2ミクロン以下の精度で加工することができます。

円筒研削盤

φ3からφ300、長さ1500までの加工が可能です。
多種多様な材質に対応するために、さまざまな砥石を用意しています。